バーベキューで野菜が主役に!オリーブオイルでぐっと美味しい焼き野菜

シェアしてくれるとうれしいです(*´∀`)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

野菜バーベキューでオリーブオイル活用

いよいよ夏本番!友達や家族でバーベキューを楽しむ人も多いのでは?出かける前にちょっと去年のバーベキューを思い出して下さい。

肉が美味かった?うん、それは良かった。

  • 野菜が黒焦げになった
  • 野菜は美味くなかった
  • 野菜の人気がなかった
  • そもそも野菜の記憶など無い

っていうあなた!今年は野菜も主役に出るほど美味しい焼き方を試してみませんか?

スポンサーリンク

バーベキューに用意するもの

  • オリーブオイル
  • 夏野菜
  • 耐熱性のハケ
  • スプレー(あると便利)

オリーブオイルや夏野菜はお好みのものをどうぞ。おすすめはナス・とうもろこし・ピーマン・たまねぎあたり。

耐熱性のハケ(シリコン製)やスプレーは100円ショップにあるもので十分です。スプレーは無くてもOK。

お肉や飲み物などは、いつもどおり用意してくださいね!でないと焼き野菜会になってしまいますよ。

野菜は切らずに丸ごと

野菜は切って焼くと水分が失われてしまい、パサパサした仕上がりになってしまいます。また、焦げやすくなってしまうので、結局黒焦げを炭の中にポイッ…なんてことにもなりがち。

切らずに丸ごと焼くのが美味しく焼き上げるポイントです。ピーマンの種もそのままでいいです。

バーベキューでは水場が遠いこともありますので、自宅で先に水洗いして水気を取って持ってくると便利です。

オリーブオイルを塗って焼く

野菜の丸ごと焼きは簡単です。

  1. 野菜にオリーブオイルをハケで塗る
  2. 網の上で転がしながら焼く
  3. 乾いてきたらまたオリーブオイルを塗る
  4. できあがり!

大きな野菜は焼いてからナイフでカットすると、子どもでも食べやすいサイズになりますよ(大きなままだと火傷しやすいので注意)。

オリーブオイルを塗りながら焼くことで、パサパサにならず、しっとりした焼き野菜に仕上がります。ピーマンの種もそのまま食べられますよ。

火が出た時の対処法

網から火が出た

網に火が付いたときは、スプレーで水を吹きかけると簡単に消せます。炭を巻き上げないように注意してくださいね。

スプレーが無い時は氷を網の上に置くだけでも消せます。バーベキュー場だとなかなか氷は手に入りませんが、自宅の庭でバーベキューするときにはこちらの方が簡単です。

炭から火が出た

炭に落ちたオリーブオイルや肉などの油が燃えてしまった時は、小さな水鉄砲でピュッと水をかけると消せます。お子さんが真似しないようにだけ注意して下さい。

また、焼く真下に炭が来ないように避けておくと、火が出るのを防げます。炭から出た火で焼いてしまうと、肉も野菜も美味しく焼きあがらないので一工夫しましょう。

まとめ

肉が主役になりがちなバーベキューですが、野菜も美味しく焼いて美味しく食べて、栄養バランスの良いバーベキューを楽しみましょう!

美味しく野菜が焼ければ、野菜嫌いのお子様のイメージも変わるかも?

以上、オリーブオイル村からお伝えしました。それでは、また。

スポンサーリンク

シェアしてくれるとうれしいです(*´∀`)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもお待ちしています(*´ω`*)

国産オリーブオイルを通販で
イタリア産やスペイン産。オリーブ産地といえば地中海というイメージがありますが、日本でもオリーブ産地があることをご存知ですか?100%国産の安心安全なオリーブオイ...